Is-Livingはお客様の目的に合った住宅リフォーム・プランを提案します。

■is-Livingは多摩ニュータウン・分譲団地の リフォームのエキスパートです


当社がある多摩市(多摩ニュータウン)は築20〜30年経ったUR(旧公団)分譲団地が多く建ち並んでいます。

第一期分譲時からずっとお住まいの方は水周りを中心とした老朽化だけではなく、家族構成も変わり、個室数が足りなくなったり不要となった部屋に物があふれてしまったり、限られたスペースを活かせない住宅が多いようです。 

反対にこれから多摩ニュータウンに住もうと検討されるにも、周辺の住環境の良さと購入価格が割安なこのUR(旧公団)中古物件を購入するのは、初めて住宅を購入されるような若い世代の方にとっても意外と「穴場」です。低価格で購入して室内を現代的に自由にオーダーメイド感覚でリフォームしてもまだ十分に割安です。

多摩ニュータウン(旧公団)分譲団地は建物の仕様に特徴があります。築年数が経っている建物ほど、色んなデメリットや制約がある為に一時期は人気が無くなった時期もありましたが、それでも緑豊かですばらしい住環境のこの街で暮らす魅力はたくさんあると思います。



多摩ニュータウンに永くお住まいの方は、きっとこの街が好きであったり、素敵な近所付き合いをされている方が多いのだと思います。

建物が古くなってもそれをリフォームすることでこの先もずっと快適に暮らしていくことが出来ます。



また、この地域に新しく建った分譲マンションと同じ位の広さの中古団地の販売価格相場比較は築20年前後で半値以下です。

これからこの街で暮らすことを検討されている方は、建物内の古い部分を新しくして、住み難い間取りをご自分の暮らしに合った間取りに変更するリフォーム工事をしても総額は新築分譲マンションよりずっと安く上がることに加え、立地条件の良さなどのメリットを考えると意外と面白い選択肢だとは思いませんか?



実は私(is-Living代表:佐々木)もそんな思いから多摩ニュータウンの中古団地を購入してリフォームした一人です。

長年、建築の仕事に携わってきたからこそ、UR(旧公団)の分譲団地独特の制約の中で可能な限りアイデアを絞って、しかもコストをかけずにリフォームしたのが現在の住まいです。

自分の住まいだからこそ、ローコストに対する取り組みは必至です。

自分の住まいだからこそ、自分のライフスタイルにあった快適な空間にこだわりました。

だからこそ、そこには実に現実的でありながら創意工夫をたくさん取り入れたリフォーム工事の「生の姿」があり、私はそこで毎日暮らしています。

is-Livingは私が長年、建築の仕事をしてきた中で、自分の住まいをリフォームしたこと、多摩ニュータウンに住んで、この街が本当に好きになったことで、この先この街に住む方の快適な暮らしの為のお手伝いになるような仕事をしていきたいという思いで生まれた会社です。

TOP PAGE | ABOUT US | COMPANY | MAIL | BLOG

Copyright © 2010 is・Living Co.,Ltd All Rights Reserved